« 宮崎県日南市・鵜戸神宮 | メイン | 青森県南西部~秋田県北西部・白神山地 »

2010年11月20日 (土)

鹿児島県霧島市・霧島神社



霧島神社(きりしまじんじゃ)は、かつて日向国にあった神社(式内社)である。また、霧島神宮の旧社名でもある。

国史の初見は『続日本後紀』承和4年(837年)8月1日条で、日向国の他の3社とともに霧島岑神が官社に預るという記述である。その後、『日本三代実録』天安2年(858年)10月22日条に従四位下の神階を授けるという記述がある。延喜式神名帳では「日向国諸県郡 霧島神社」と記載され、小社に列している。

霧島神社は霧島山の神を祀ったものであり、元々は霧島山の山頂附近にあったが、霧島山の噴火によって社殿を焼失したため各地に遷座され、また、分社も行われた。そのため、現在、式内社・霧島神社の論社には以下の4社がある。

* 霧島岑神社(宮崎県小林市細野、旧県社、祭神 瓊瓊杵命ほか)
* 東霧島神社(宮崎県都城市高崎町東霧島、旧県社、祭神 伊弉諾尊)
* 霧島東神社(宮崎県西諸県郡高原町蒲牟田、旧県社、祭神 伊弉諾尊・伊弉冉尊)
* 霧島神宮(鹿児島県霧島市霧島田口、旧官幣大社、祭神 瓊瓊杵尊)

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/512599/25445787

鹿児島県霧島市・霧島神社を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿