« 兵庫県神戸市北区・有馬温泉 | メイン | 和歌山県伊都郡高野町・高野山奥之院 »

2010年11月16日 (火)

三重県伊勢市・伊勢神宮



正式名称は神宮(じんぐう)。他の神宮と区別する場合には「伊勢の神宮」と呼ぶこともあり、親しみを込めて俗に「お伊勢さん」とも言う。神階が授与されたこともなく、明治時代から戦前までの近代社格制度においても対象外とされた。

伊勢神宮には、太陽を神格化した天照大御神を祀る皇大神宮と、衣食住の守り神である豊受大御神を祀る豊受大神宮の二つの正宮が存在し、一般に皇大神宮を内宮(ないくう)、豊受大神宮を外宮(げくう)と呼ぶ。内宮と外宮は離れた場所にあるため、観光の場合は時間の都合上、内宮のみ参拝することもあるが、本来はまず外宮を参拝してから、内宮に参拝するのが正しい方法とされている。元来皇室の氏神であることから皇室・朝廷の権威と強い結びつきがある。広義には、別宮(べつぐう)、摂社(せっしゃ)、末社(まっしゃ)、所管社(しょかんしゃ)を含めた、合計125の社宮を「神宮」と総称する。この場合、所在地は三重県内の4市2郡に分布する。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/512599/25424077

三重県伊勢市・伊勢神宮を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿